キャットフードの意義

少子高齢化や晩婚化により独り身が増え、人生のパートナーとしてのペットを飼う方も増えている中、散歩が不要で室内でも飼うことのできる猫は、なかなかお世話する時間がないという方も気軽に飼うことができ、特に人気が高まっています。
そんな猫ですが、飼う際に気を付けなければならない点があります。
それは、ごはんです。
人間と同じものや、食べたものの残りなどをあげる方もいるかもしれませんが、人間が食べるものには、猫がたべると危険なものもあります。
例えば猫というと魚が好きというイメージがありますが、実は肉食動物です。
魚ばかり食べさせると危険です。
青魚に含まれる不飽和脂肪酸を猫が摂取しすぎると、黄色脂肪症という病気になり、皮下脂肪が酸化し炎症を起こすことがあります。

猫は肉食ですが、生の豚肉はトキソプラズマ症の感染源が含まれているので危険です。
成人が感染してもほとんど症状がありませんが、トキソプラズマ症に感染した猫の唾液や排泄物などから妊婦さんに感染すると、お腹の赤ちゃんの脳や目に影響があり、障害をもって生まれたり、あるいは流産してしまうこともあります。

このように、猫のごはんとして人間と同じものをあげるのは注意が必要です。
猫にあげるごはんは、やはり猫に必要な栄養などを考え、猫専用のごはんとして作られたキャットフードが安心といえます。
そのキャットフード、大きく分けるとドライフードと柔らかい缶詰のごはんのふたつに分けられます。
当サイトでは、このふたつの猫のご飯の違いや安全性について紹介します。



[Recommend Site]
猫に必要な栄養などを考えて作られたキャットフードの通販サイトです ... キャットフード 通販